11月21・22日の創作活動報告(小説計15枚以上+小説直し)

こんばんは、つるぞのです。 そろそろ寒いのが当たり前になってきましたね! わたしは暖房が嫌いなので、ハロゲンヒーターの購入を検討しているところです。(ちなみに今は電気カーペットor電気毛布で対応) さて、この二日間も順調に執筆を進めております。…

11月20日の創作活動報告(エッセイ2本、小説計4枚、小説直し10枚以上)

ダイニングテーブルの白いシミがスチームアイロンで消えると聞いて、さっきさっそく試してみたんですが、本当にかんたんにキレイになって感動しています。 どうもこんばんは、つるぞのです。 今朝は寝坊したせいでゴミを捨てそびれましたが(恋人は基本八時…

竹製のヴァンパイアと人間との禁断の交流を描く『ほんとうの花を見せにきた』

ヴァンパイアの話と聞いて飛びついた『ほんとうの花を見せにきた』(桜庭一樹・著)は、桜庭さんの作品にしてはシンプルな印象を受けました。 読んでいる最中は正直「あれ、外れかな?」と失礼なことを考えたんですが、読み終えたあとにじわじわと心に迫って…

11月18日の創作活動報告(エッセイ5本、小説計?枚)

こんばんは、お久しぶりのつるぞのです。 寝込んでしまう日や書く気になれない日が続いていましたが、今日からまたやる気が湧いてきて活動再開です。 ものすごく長い期間サボっていた気がしたんですけど、実際に数えてみると三日くらいのもんなんですね。わ…

フリマ感覚で写真を販売できるサイト「スナップマート」がヤバイ! 初日でソッコー売れちゃった……_(:3」∠)_

今日、noteでおもしろい書き手さんを探していたら、スナップマートというサイトを経営している方のマガジンに辿りつきました。 気になってチェックしにいったら、「フリマ感覚で写真を販売できるサービス」であることが判明。以前から写真の販売に興味があっ…

11月14日の創作活動報告(ロングエッセイ1本)

今日は朝から「小説を一気に書き上げるぞ!」と気合を入れてたんですが、ウォームアップにエッセイを書き始めたら案外長くなってしまって、気づいたら昼になっていました。 そのエッセイというのがこちら。(無料だよ!) note.mu 昨日ビーフシチューを作っ…

11月13日の創作活動報告(エッセイ2本、小説計4枚)

こんばんは、つるぞのです。 今日は朝から買い物やら掃除やらで珍しく動き回ってました。ついでにビーフシチューも作ったので午後からは完全にフリーです。 でも、なぜかあまりやる気が出ず、気づいたらパソコンに音声編集ソフトを入れて自己催眠音声を作っ…

11月10・11・12日の創作活動報告(エッセイ3本、小説計5枚)

こんばんは、水流苑の読み方を覚えてもらいにくいことに若干悩んでいるツルゾノです。金曜日からの三日間は比較的ゆるめのペースでした。 10日の金曜日は大阪駅で後輩とランチをして、そのままその子の家にお呼ばれしてプリンを食べさせられて(!)きました…

11月7・8日の創作活動報告(エッセイ6本、小説計12枚)

こんばんは、今から紅茶クッキーを焼こうか迷い中のつるぞのです。(とか書いたけど、ブログ書いてるうちに時間なくなっちゃった笑) 昨日、今日とかなり精力的に活動したのでかんたんに報告します。 まずはnoteの方ですが、無料マガジンに5本、有料マガジン…

創作活動日誌、始めます(第一回目の今日はここ一カ月の濃厚な日々を振り返っています)

ふと思いついたので、今日から大まかな活動記録をつけていこうかなと思います。 自分の日々の行動を実況したいという気持ちは以前からあって、SHOWROOMの配信でそれをやろうとしていたんですが、せっかくなら文として残したいなと思いまして(あと、単純にこ…

「何気ない日常体験でここまで遊ぶことができるのか!」と衝撃を受けた――穂村弘『整形前夜』

穂村弘さんのエッセイにドハマりしておりまして、最近三冊ほど購入しました。こちらの整形前夜と『にょっ記』シリーズです。(『にょにょにょっ記』は文庫版がまだみたいだったから待ってます) 本日はその中から『整形前夜』をご紹介。 整形前夜 posted wit…

今いる世界の「正常」に違和感を覚えたとき、人はそれとどう向き合っていけばいいのか――村田沙耶香『消滅世界』

自然妊娠ではなく人工授精が主流となり、恋愛やセックスと結婚・妊娠が切り離されたパラレルワールドの日本が舞台。 そこでは人間同士の恋愛やセックス、自然妊娠による出産は既に廃れた風習とされ、人によっては「異常」なことと受け取られてしまう。(だけ…

自分の中にある価値観を激しく揺さぶられる衝撃作! 村田沙耶香『殺人出産』

表題作『殺人出産』の他、三作品を含む短編集。どの作品も、「今この世界で当たり前とされている価値観が覆されて、新しい価値観が当然のものとして多くの人たちに受け入れられている世界」を描いており、読んでいるうちに自分の中にある価値観が激しく揺さ…

人を殺すことが心の拠り所となってしまった女が後半で見せる弱さ、健気さ、深い愛――沼田まほかる『ユリゴコロ』

結婚を考えていた恋人・千絵が突然失踪し、父親は末期の癌に倒れ、その矢先に母は交通事故であっけなく他界。立て続けに大切な人を失った「僕」が、父親の部屋から母のものと思しき遺髪と四冊のノートを発見するところから物語は始まる。 ユリゴコロ (双葉文…

絡み合い、決して離れることない二匹の蛇が行きつく先は? 加藤元『蛇の道行』

交尾中の蛇はあざなえる縄のごとく、交互に絡み合いながらそこら中を這いずり回る。『蛇の道行』は、そんな蛇のイメージをモチーフに、正体不明の未亡人・青柳きわと戦争孤児となった立平との道中を描いた作品です。 青柳きわという名前があるのに「正体不明…

不気味な蟹の幻覚から逃げてきた一花が迷い込んだのは……加藤元『山姫抄』

山姫というメルヘンチックな言葉と表紙のイラストの可愛さに惹かれて、いわゆるジャケ買い(正確にはジャケ借り)した本。加藤元さんのことはこの作品で知りました。 日本に実際に伝わる『山姫伝説』をベースに、ある田舎町から消えた女たちの謎を追っていく…

「やみつき」になる読感(食感、ならぬ)平松洋子『買えない味2』

図書館平松洋子さんの『買えない味2』。エッセイの公募にはまっていた時期に、図書館でなんとなく手に取った本です。 書き手の平松さんはアジアを中心に世界各地を回っていらっしゃるようです。実はわたし、現代日本以外の食文化(海外とか古い時代とか)に…

目をそらしたくなるのにどこか懐かしい。川上未映子・初の短編集『愛の夢とか』

川上未映子初の短編小説『愛の夢とか』。 これまでにも『ヘヴン』や『すべて真夜中の恋人たち』、それから詩集『水瓶』など、彼女の作品はいろいろ読んできましたが、今作も未映子さんらしい独特の世界観が魅力的でした。 愛の夢とか posted with ヨメレバ …

噂の『国語入試問題必勝法』はとんでもない型破り小説だった!

ネットで思いっきり笑える小説を探していたところ、いろいろなサイトで『国語入試問題必勝法』(清水義範 著 / 講談社)が取り上げられていました。 サイト上にある感想は「電車の中で読んではいけない」「抱腹絶倒すること間違いなし」というような内容ばか…

噂と憶測で不安をふくらませた母親たちの行動が悲劇につながっていく……英国ミステリの女王が描いた衝撃作『遮断地区』

作者が現代英国ミステリの女王であること以外何の知識もなく手にした『遮断地区』 (ミネット・ウォルターズ / 創元推理文庫) 。よくある謎解きどんでん返し系の作品ではなく、どちらかというとスリリングホラーに近い内容でした。かなりショッキングなシーン…

フランス文学『椿姫』に学ぶ気高い愛の教え

フランス文学の名作『椿姫』を読みました。 オペラや歌劇にもなっている有名な作品です。いろんな方が訳していますが、個人的には『椿姫 (光文社古典新訳文庫)』の西永良成さんの訳が現代風で読みやすくておすすめです。 高級娼婦が主人公ということで、淫靡…

新作小説『弟金魚とサヨナラしたら』を公開しました!

パブーで新作小説『弟金魚とサヨナラしたら』を公開しました! 「第16回・女による女のためのR-18文学賞」の一次選考を通過した作品です。 二年に渡ってひきこもり生活を続けている二十歳の女の子・青葉(あおば)には、四つ離れた弟(イツキ)がいるんです…

高級ちりめん使用のカラフルな袱紗(冠婚葬祭のときに金封を入れるやつ)を千円未満(送料込み)で購入しました!

来週末に仲良しの後輩の結婚式があるので、新しく袱紗(ふくさ)を購入しました! 冠婚葬祭の際に御祝儀袋を包むあれです。 彼氏も使いたいということで、男女兼用で探しました! 【DM便可】金封ふくさ【袱紗】慶弔両用 【年中無休あす楽】結婚式 対応おしゃ…

タイムチケットで新しいチケットを三種類発行しました!(無料チケット残りわずかです)

無気力期を乗り越えて、現在うるさいくらい絶好調のつるぞのさんです。 今日は朝から勢いでアイディアを出してタイムチケットを三種類発行しました!!!! ①SHOWROOMで配信してみたいけど勇気が出ないという方の初配信にお邪魔して、コメント欄で全面的にサ…

反抗期特有のモヤモヤやイライラの中身を解き明かしてくれる小説『モサ』

この作品は感想を書くのが難しいので紹介するか迷ったんですけど、せっかく読書メモもあることだし、伝えられる部分だけでも伝えてみようと思います。 人間でも動物でもない不思議な存在のカルガリ一家(外国人っぽいけど舞台は日本です)の長男・モサ(ニー…

『切り裂きジャック』(パトリシア・コーンウェル)シッカート犯人説について仔細に分析・考察した読み応えのある一冊!

先月、兵庫県立美術館で開催されている「怖い絵展」へ行って来たんですけど、そこで展示されていたシッカートの『切り裂きジャックの部屋』の説明で「切り裂きジャック・シッカート犯人説」とやらを知って興味を持ち、現在、パトリシア・コーンウェルの『切…

ものすごく臭い女が恩返しにやって来る!? 新作『お納の恩返し』を公開しました!

昔話風のコメディ短編小説をパブーというサイト上で公開しました。 今回はテーマを含ませることなくふざけることに徹したので、「ふざけた話が大好き!」という方にぜひ読んでいただきたいです! 原稿用紙約18枚なので、10~20分もあれば読み終わるかと思い…

毒薬にまつわるリアルなストーリーが豊富な『毒薬の手帖』(毒薬の手帖)

毒薬という言葉の甘美さに惹かれて手に取った『毒薬の手帖』。 古代から順に毒薬の歴史を丁寧にたどっていく本です。 毒薬の手帖 (河出文庫 し 1-6 澁澤龍彦コレクション) posted with ヨメレバ 澁澤 龍彦 河出書房新社 1984-02-01 Amazon Kindle 楽天ブック…

エッセイなのに結末がミステリー!? 穂村弘『現実入門』 

SHOWROOMの配信を始めて以降、やれ旅行だお泊り会だオフ会だと飛び回っていた上に水面下で小説も書いていたので、ブログの方がすっかりお留守になっていました。 やっと落ち着いてきたので、久しぶりに本の紹介をしたいと思います。 じゃん! 現実入門 poste…

SHOWROOMでラジオ配信、はじめちゃいましたーーーーーッッ!

ちょっと前の記事(『ライブ配信をするようにブログを書こうと思った 』)で「やらない」って言ったばかりなんですけど、こっそりSHOWROOMの配信はじめてみました(笑) ……といっても、動画じゃなくてラジオ配信の方なんですけどね。 www.showroom-live.com …