ビビりの元ひきこもり女作家(30)、”男友だちがニューハーフとニャンニャンする勇み姿を見届けるため”タイへ行く! 

んだか某掲示板まとめサイトの記事タイトルみたいになっちゃったなと思いつつ……。

最近、ブログタイトルである『今日は何やらかそう?』に相応しい人生になってきたなと実感しているツルゾノです。

女による女のためのR-18夜話会、性愛関連のエッセイ&小説に引き続き、性方面でまた新たな体験をすることになりました。

 

f:id:chelsea-labo:20180815183446p:image

 

今回の冒険は『ニューハーフとニャンニャンするためタイに行く決心をした男の子の勇み姿を間近で見届けるために、海外処女を捨ててタイに同行する』というもの。

 

 

そもそものきっかけは、友だちがこんな企画を立てたことでした。

 

blog.livedoor.jp

 

生まれ変わったら女になりたいという彼が、生まれ変わったら男になりたいという女の子に「男になったら何をしたい?」と訊ねたところ、「男同士でやりたい」という答えが返ってきたそう。

ということは、自分が女に生まれ変わった時も似たようなことを思うかもしれない。男に生まれた今生でやっておかなければ来世で後悔するだろう。それならば、今のうちに男の身体でしかできないことをやっておこう。
でも、男には欲情できない。そこで考えた末、女性の見た目をしたニューハーフが相手ならいけるのでは? と閃いた。

要約すると、こんな感じの流れで今回のタイ行が決まったみたいです。

 

上のブログの公開前にメッセージで報告を受けた私。

何を血迷ったのか『できればその様子を間近で見たかった』と送り返していました。

そしたらなんと『一緒に来ます?』とのお誘いが……。

 

「待って、国内旅行でもまだ怖いのに海外とか無理。絶対無理」

と、反射的に強い抵抗を感じました。

自分から「見たい」と言っておいて何だそりゃって思う人もいるかもしれませんが……。

だって、まさか誘ってくれるとは思ってなかったんだもん(!)

 

ていうか、この気持ちは何なんだろう。

私、エロに実直だけど、乱交とかそういう乱れたものに対する欲求はないんですよ。

彼の純粋な探求心に惹かれてしまったと言いますか。

今でも十分乱れていると言われればそこまでですが、私の中では細かな線引きがあって(現在、整備中)、その基準から見て純粋なものを感じました。

それが「見届けたい」という気持ちに繋がったみたいです。たぶん。

 

……話を戻します。

これ、いつもなら「行きたい」と思いつつも不安の方が勝って逃げるところなんです。

だけど今回は自分の安全圏の外に飛び出したいという欲求が強くなっている時期だったということもあって「行きたい派」の私が粘る粘る。

 

  • このチャンスは一回きり(行きたい気持ちUP)
  • 直感的に絶対におもしろいことになると感じている(行きたい気持ちさらにUP)
  • 企画主の男の子に対して「この人がいれば大概のことは何とかなる気がする」という謎の信頼感を持っている(不安感DOWN)
  • どうやら東南アジアに精通している女の子も同行するっぽい(不安感さらにDOWN)
  • 海外旅行という自分にとっての難関をクリアしたら、他の挑戦に対するハードルが下がりそう(行きたい気持ちますますUP)
  • どうせいつかは海外に出みようと思っているなら、強いモチベーションがある&頼りになる同行者がいる今回が好機では?(気持ちが「行く!」に振り切れる)

 

こうした過程を経て、気づいたら、

 

『どうしよう、行きたい……けど、海外怖い。でも、い……くっ!』

 

と送ってしまっていました。

 

ああ、もう逃げられない。

 

……ということで、男友だちがニューハーフとニャンニャンする勇み姿を見届けるため、勇気を振り絞ってタイに行ってきます!

途中、別の国に立ち寄ったりもするらしく、どうなるのかさっぱりわかりませんが冒険してきます。

 

近ごろ、noteの方で記事を購入して下さったりサポートをして下さったりする方が増えてきて、多少のお金が入ってくるようになったとはいえ、まだまだ雀の涙。

理想は自分が書いた作品やコンテンツを通して生活費&活動費をまかなえるだけのお金が入ってくることですが、まだそこまでは行けていないので、今回は背中を押して下さる方からの支援金を募ることにしました。

私の活動に何らかの価値を感じて下さっている方、あるいは「おもしろいからもっとやれ!」と思って下さっている方、拡散またはお金で応援してくれると嬉しいです!

 

polca.jp

 

支援は一口1000円から、お返しは『今回の体験を元にしたエッセイまたは小説』を予定しています。体験の内容によってはかなり濃いものになるかと思うので、濃くなった場合は支援金額に応じて内容を変えることも検討中。

許してもらえる限りギリギリまで迫ってくるつもりですが、どういう状況になるか予測がつかないので、帰国後にコースを分けて追加支援できるようにしようと思います。

旅費もどれくらいかかるのか想像できないけど、友だちがニューハーフとの交渉代込みで七万円に設定していたので、私は五万円くらいを目指そうと思っています。

 

十二月までに目標金額を集める気でいるので、みなさん応援よろしくお願いします!